読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫とマグロのその日ぐらし

一番わかりやすいお金の話とその他もろもろ。

【ホロコーストの地へ】クラクフ中央駅からアウシュビッツに行く方法とツアーの選び方

海外旅行

f:id:osty:20170325020001j:plain

 

日本に帰る日がやってきました。

4月からは社会人です。もうこんなバカみたいに旅行できないと思うとなんだか寂しくなってしまいますね。

 

前回はアウシュビッツのレポート的なものを書きました。

 

moimoimoi.hatenablog.com

 

今回はクラクフからアウシュビッツまでのアクセスを紹介します。

情報は2017年3月現在のものです。

運賃などはよく変わるようなのでご注意下さい。

 

 

 

クラクフからアウシュビッツ・ビルケナウへの行き方紹介!

 

クラクフ中央駅(krakow glowny)からバスと電車の2種類の行き方があります。

僕は電車で行きました。

 

電車でアウシュビッツ

 

電車だとクラクフ中央駅(krakow glowny)からアウシュビッツの最寄り駅であるオシフィエンチム駅(Oświęcim)まで行き、そこから2kmほど歩きます。

オシフィエンチム駅からアウシュビッツに行くバスもありますが、有料ですし、わざわざバスに乗るほどの距離ではありません。

 

クラクフ中央駅からオシフィエンチム駅までは9.5zt。

しばしば運賃が変わっているようですが、こちらが最安なのは変わりません。

普通列車なので切符は当日に券売機で買えばOKです。

 

ボロボロの各駅停車でオシフィエンチム駅までは約2時間。

オシフィエンチム駅が終点なので寝てても大丈夫です。

1、2時間に1本と本数が少ないので、電車で行く予定ならアウシュビッツのチケットを予約する前に時刻表を確認してからの方がいいです。

 

オシフィエンチム駅からアウシュビッツまでの行き方はこちら。

 

f:id:osty:20170325033319j:plain

 

オシフィエンチム駅を出てずっと右に。

 

f:id:osty:20170325020706j:plain

 

ホームセンターの次の角を左にまがって、

 

f:id:osty:20170325020719j:plain

 

あとはまっすぐ。右手に看板が見えています。

 

f:id:osty:20170325020740j:plain

 

テクテク歩いて行くと左手にいきなり現れます。駅からは20分ほど。

 

f:id:osty:20170325020750j:plain

 

バスでアウシュビッツ

 

もう一つの方法がバスです。

クラクフ中央駅からアウシュビッツまで直通で、所要時間も1時間半と短め。

本数も多く、アウシュビッツの予約時間を気にする必要もありません。

 

バスが平気ならこちらがおすすめです。

バス乗り場がややこしいというネットの書き込みがありますが、案内表示があるのでそれに従えば大丈夫。

 

クラクフ中央駅からバスターミナルまでの行き方はこちら。

 

クラクフ中央駅の真ん中の通路をショッピングモールと反対の方向に歩いていきます。

 

f:id:osty:20170325020915j:plain

 

バスターミナルが右手に見えました。とっても簡単でしょ!

(夜に写真を撮ったのでブレブレです)

 

f:id:osty:20170325020955j:plain

 

1階と2階がバスターミナルになっていて、2階ではチケットを購入できます。

 

f:id:osty:20170325020933j:plain

 

各階の案内表示板に行き先とバス停の番号がかいてあるので、それを見てバス停に向かいましょう。

 

 

アウシュビッツ〜ビルケナウ間の交通

 

f:id:osty:20170325020104j:plain

 

アウシュビッツ〜ビルケナウ間は約3kmの距離がありますが、無料の連絡バスがあります。

20分おきだったかな。忘れてしまいました。

アウシュビッツ発はクラクフ行きのバスが出るバス停と同じところから。

ビルケナウは死の門を出てすぐ右にあるバス停からでています。

 

 

アウシュビッツのチケットとツアー

 

アウシュビッツに入るには事前予約が必要です。

チケットの現地購入もできるようですが、時間あたりの入場人数を制限している上、シーズンになると現地購入は困難だと思われるので予約していくのが無難です。

こちらのホームページから予約して、チケットを印刷して持っていきます。

 

Select the type of the visit - Państwowe Muzeum Auschwitz-Birkenau

 

まずはじめに登録が必要です。”register”から登録。

"buy without signing up"からはなぜか予約できませんでした。

迷惑メールが来るわけでもないですし、予約管理もできるので"register"しましょう。

 

f:id:osty:20170325021314p:plain

 

個人でガイドツアーに参加したり、ガイドなしでまわるなら真ん中の"visit for individuals"を選択。

ほとんどの人は真ん中をチェックすることになると思います。

 

f:id:osty:20170325021342p:plain

 

入場日を選択したらこんな画面に。

入場時間、ツアー、ガイドの言語を確認し、参加したいものをクリック。

 

f:id:osty:20170325021331p:plain

 

人数を入力。

 

f:id:osty:20170325021335p:plain

 

個人情報の登録を行います。

ここで記入したメールアドレスにチケットが送られてくるので、間違えないように要注意。

 

f:id:osty:20170325021337p:plain

 

僕はガイドなしでまわったので無料でしたが、ガイドツアーを選択した場合、この時点でクレジットカードによる決済が行われると思います。

もしクレジットカードがない場合、ホテルのレセプションで予約してもらいましょう。

 

ウィーンのネットカフェでチケットを印刷したのですが、スマホの画面を見せて入場している人もいました。

スマホの画像を見せて入場するのが公式に認められているかは不明なので、印刷していくのがおすすめです。(ご存知の方がいればぜひ教えてください)

 

こちらは注意事項になります。

 

f:id:osty:20170325022314j:plain

 

要約すると、

「チケットはネットで予約してね」

「デカいバッグは荷物預かりへ」

「4月〜10月の10時〜15時は個人で入場できないので、ツアーに参加してね」

ということです。 

 

ガイドツアーは通常ツアー(General tour)とスタディーツアー(One-day study tour)があり、多くの人は通常ツアーに参加しています。

通常ツアーは3時間で大人30zt、学生証ありで25zt。

スタディーツアーは6時間で大人70zt、学生証ありで60zt。

個人でまわるなら時間無制限、0ztです。

ガイドツアーは言語が選べます。

 

実際に行ってみると、個人でまわっている人はかなり少ないように感じました。

通常ツアーだと結構な数の展示を飛ばしてしまうので、アウシュビッツに興味があるなら個人で行くか、スタディーツアーへの参加がおすすめです。

展示には英語表記もありますし、歴史を知っている方にとっては展示物だけでも十分インパクトがあると思います。

 

おまけ:クラクフ中央駅からヴィエリチカ岩塩坑への行き方

 

ヴィエリチカ岩塩坑も電車かバスで行けます。

バスでの行き方はよくわからなかったので、今回は電車でいきました。

行き方はアウシュビッツよりも簡単!

Wieliczka-Rynek-Kopalnia駅を降りてすぐです。終着駅なので寝てても大丈夫。

お値段3.5ztで所要時間は20分ほどです。

 

f:id:osty:20170325033707j:plain

 

入り口はこんな感じです。

 

f:id:osty:20170325034015j:plain

 

クラクフおすすめです!!

 

moimoimoi.hatenablog.com

 

【みんなに行って欲しい】クラクフからアウシュビッツ=ビルケナウ強制収容所へ

海外旅行

f:id:osty:20170323013248j:plain

 

Jó napot!(こんにちは!)

猫マグロがハンガリーブダペストよりお送りします。

今日は僕の大学の卒業式らしいですね。もう知ったこっちゃありません。

 

ずっと昔から行きたかったアウシュビッツ=ビルケナウ強制収容所に行くことができました。

ノイシュヴァンシュタイン城に入れなかった分、この地に来れたことが嬉しいです。

 

ミュンヘンではドミトリーの同室にリア充卒業旅行大学生グループがいてひどい有様でしたが、アウシュビッツでは日本人は数人しか見ませんでした。

日本人どころかアジア人がほとんどおらず、ヨーロッパの中高生とユダヤ人のグループばかり。

 

アウシュビッツって有名じゃないんでしょうか?

ご存知でない方はぜひ調べてみて下さい。

 

世界遺産ではあるものの、観光地というには”重い”場所。

場所もクラクフから2時間という微妙に遠い距離。

回りはオーストリアハンガリープラハなどの観光国に囲まれています。

 

でも、実際にアウシュビッツに行ったからこそ、

 

「いろんな人に行って欲しい」

 

そう思ったので、一本記事を書こうと思います。

 

アウシュビッツへのアクセスやツアーに関しては別の記事を書きますので、興味がある方は読んでみて下さい。

 

 

 

 

アウシュビッツ=ビルケナウ強制収容所へ行ってきた

 

毎度のことですが雨風がひどいです。

予約していた入場時間と電車の時間が合わず、早起きして6時50分の電車に乗る。

10時入場なのに9時前にアウシュビッツの最寄り駅であるオシフィエンチム駅についてしまいました。

 

f:id:osty:20170323035711j:plain

 

駅にいても仕方ないのでテクテク歩きはじめ、15分ほどでアウシュビッツに到着。

 

f:id:osty:20170323035857j:plain

 

ケチな僕は有料のツアーには申し込まずに個人で回ります。個人で回ればタダ。

ガイドの代わりに売店で日本語のガイドブックを買いました。日本円で150円くらい。

 

f:id:osty:20170323041631j:plain

 

セキュリティーチェックを抜けるとすぐのところに例の門があります。

 

「働けば自由になる」

 

そう書いてありますが、働いても働かなくても待っていたのは「死」でした。

 

アウシュビッツには当時の建物が残っており、過酷を極めてた当時の暮らしを見ることができます。

 

f:id:osty:20170323035840j:plain

f:id:osty:20170323040145j:plain

f:id:osty:20170323040159j:plain

 

大量の人が殺されたガス室や絞首刑に使われた鉄の棒、銃殺刑のあとが残されています

 

f:id:osty:20170323040204j:plain

f:id:osty:20170323042531j:plain

 

こちらは収容された人から押収したものです。

 

f:id:osty:20170323043911j:plain

f:id:osty:20170323043504j:plain

 

撮影禁止の部屋にはおびただしい量の女性の頭髪がありました。

 

アウシュビッツは博物館になっていて、展示品が数多くあります。

ここにあげた写真は展示のほんの一部でしかないので、興味がある方はぜひ足を運んでみて下さい。

 

アウシュビッツから無料のバスでビルケナウへ。

 

ビルケナウはアウシュビッツの収容者増加にともなって作られたアウシュヴィッツ第二強制収容所です。

 

f:id:osty:20170323040233j:plain

 

ビルケナウのこちらの門は「死の門」と呼ばれています。

映画でもよく出てくるので、ご存じの方も多いと思います。

 

鉄道でここに運ばれてきた人はすぐに労働が可能かどうか選別されて、働けそうにない人はガス室に送られました。

 

ビルケナウはドイツ軍が証拠隠滅のために建物を破壊したので、当時の建物はほとんど残っていません。

広大な敷地内には火葬場や住居、ガズ室の跡が残っています。

 

f:id:osty:20170323040331j:plain

 

池には犠牲者の遺灰が沈んでいます。

 

f:id:osty:20170323044339j:plain

 

アウシュビッツに比べるとビルケナウはかなり広大。

アウシュビッツの7倍、東京ドーム37個分の広さがあります。

 

f:id:osty:20170323050012j:plain

 

どれだけ多くの人がこの地で悲惨な運命を辿ったのか。

実際にこの地に立っても全く想像できませんでした。

 

ビルケナウ見学後はまた無料のバスに乗ってアウシュビッツに戻り、駅まで歩く。

ご飯も食べずに朝6時すぎに宿を出て、帰ってきたのは18時でした。

 

 

プノンペンのキリングフィールドもそうでしたが、人が死んだ場所というのは独特の空気感があります。

目をそらしたくなるような、逃げ出したくなるような、吐き気を催すような。

 

アウシュビッツにまた来たいとは思いませんが、それでもこの地に来てよかったと強く思いました。

 

 

おまけ:世界遺産ヴィエリチカ岩塩坑”にも行ってきた

 

f:id:osty:20170323052412j:plain

 

クラクフから電車で30分のところにある、世界遺産ヴィエリチカ岩塩坑”にも行ってきました。

 

”岩塩坑”の名の通り、ここは岩塩が採掘される場所。

すでに商業採掘は終わり、観光用になっています。

アウシュビッツと比較すると知名度はぐんと下がり、実際に観光客はかなり少なかったのですが、クラクフに来たらぜひ行ってもらいたい場所です。

 

こちらはアウシュビッツとは違って個人で回ることはできません。

最大30人程度のツアーで回ることになります。

閑散期なので予約しなくても普通にチケットを買えました。

 

写真撮影に別途お金がかかるので写真はありません。ごめんなさい。

 

中には当時の採掘の様子が再現されていたり、坑夫たちがつくった塩の像が展示されています。 

ツアーの最後には一面塩だらけの教会があり、これまたすごい光景でした。

 

クラクフに来た方はぜひアウシュビッツヴィエリチカに行ってみて下さい!

おすすめです!

【とっておきたい!】日商簿記2級はたった1か月の勉強で受かる!?

資格

 

とりたい資格ランキングで頻繁に目にするのが簿記2級です。

3級からはぐっと難易度が上がり、本試験に合格するのは4、5人に1人。

それでも毎年多くの人が簿記2級に挑戦するのは、資格に魅力がある証拠です。

 

今回は簿記2級に一発合格した僕が簿記2級についてお話ししていきます。

 

 

 

 

簿記とは?

 

 

簿記は、企業規模の大小や業種、業態を問わずに、日々の経営活動を記録・計算・整理して、経営成績と財政状態を明らかにする技能です。

簿記を理解することによって、企業の経理事務に必要な会計知識だけではなく、財務諸表を読む力、基礎的な経営管理や分析力が身につきます。

また、ビジネスの基本であるコスト感覚も身につきますので、コストを意識した仕事ができるとともに、取引先の経営状況を把握できるために、経理担当者だけではなく、全ての社会人に役立ちます。

さらに、公認会計士や税理士等の国家資格を目指す方や他の資格・検定と組み合わせてキャリアアップを考えている方々にも必須の資格といえます。

引用:日本商工会議所HP

 

 

簡単に説明すると、簿記とは企業のお金の出入りを帳簿(企業版の家計簿)に記録していくものです。

お金の出入りを帳簿に記入する能力を試すのが簿記検定です。

 

 

簿記検定の種類

 

簿記検定と一括りにされがちですが、検定は一つではありません。

日本商工会議所の「日商簿記検定試験」、全国経理教育協会の「全経簿記能力検定試験」、全国商業高等学校協会の「全商簿記実務検定試験」があります。

多くの場合、簿記検定と言われると日商簿記を指します。

このブログでも簿記=日商簿記を意味しています。

 

 

日商簿記検定について

 

日商簿記は4級から1級まであり、どの級も70%を取れば合格です。

3級からはじめて2級を目指す人が多く、2級レベルになると企業の決算書を見て意味がわかるようになります。

1級の合格者には税理士試験の受験資格が与えられます。

合格率は回によってかなりムラがありますが、平均すると3級45%、2級25%、1級10%ほど。

試験は年に3回、2月・6月・11月に行われます(1級は6月・11月のみ)。

 

就職・転職には2級以上で有利になると言われています。

1級の難易度は別格で、持ってるだけで尊敬の眼差しを受けられるかもしれません。

 

 

日商簿記2級について

 

経営管理に役立つ知識として、最も企業に求められる資格の一つ。

企業の財務担当者に必須。

高度な商業簿記・工業簿記(初歩的な原価計算を含む)を修得し、財務諸表の数字から経営内容を把握できる。

高校(商業高校)において修得を期待するレベル。

引用:日本商工会議所HP

 

2級では3級で学習した商業簿記に加え、工業簿記が試験範囲に加わります。

商業簿記は企業外部との取引を記録するためのものでしたが、工業簿記は企業内部のお金や製品の流れを扱います。

 

過去に出題された仕訳の問題を見てみましょう。

 

第1問(20点)

下記の各取引について仕訳しなさい。ただし勘定科目は次の中から最も適当と思われるものを選ぶこと。

現金 売買目的有価証券 当座預金 有価証券利息 受取利息 売掛金

1. 8月24日、売買目的の有価証券として、他社が発行する額面総額¥800,000の社債(利率は年 0.42%,利払日は3月末と9月末)を額面¥100につき¥99.50の裸相場で買い入れ、代金は直前の利払日の翌日から本日までの期間にかかわる端数利息とともに小切手を振り出して支払った。なお、端数利息の金額については、1年を 365 日として日割りで計算する。

 

 

3級でも一番最初に出題される仕訳の問題ですが、問題文はより長く、複雑になっています。

 

申込方法

 

各地の商工会議所のホームページから申し込むことができます。 

こちらのページから調べてみましょう。

 

www.kentei.ne.jp

 

 

簿記2級は1ヶ月で受かる?

 

僕は簿記2級に5ヶ月の時間をかけ、本番は95点で合格しました。

試験の難易度に対してかなり長い時間を勉強に充てましたが、これは純粋に簿記が楽しかったからです。

 

ネットで「2級は1ヶ月で受かる」なんて記事があったりしますが、簿記・会計に馴染みがない方が1ヶ月で合格するのはかなり厳しいと思われます。

よくFP2級や宅建の難易度と比較されますが、試験の合格率や難易度を考えるとFP2級と同じくらいの勉強時間が必要だと思います。

まとまった時間をとれる学生の方でなければ最低でも3ヶ月はみておきたいところ。

3級合格後、すぐに2級の勉強をはじめると効率がいいでしょう。 

 

おまけ:受検の決意を固めたら電卓を買おう 

 

いい電卓は間違いなく簿記の学習効率をあげます。最低でも”12桁”、”GTボタン付き”の電卓を買いましょう。

メーカーによってキーの配置が違うので、普段電卓を使っている方は同じメーカーのものを購入するといいと思います。

 

↓↓↓↓↓僕が使ったのはこちら

 

 

 

人気資格の簿記2級にチャレンジしてみて下さい!

 

男一人、ウィーンで巨大カツレツに食らいつく

海外旅行

f:id:osty:20170318035759j:plain

 

こんにちは、猫マグロです。

ウィーンからプラハに移動してきました。

 

ここからポーランドハンガリーへと移動していく予定ですが、面倒なことにそれぞれ通貨が違います。

残りの現金が100€しかないので、うまいこと両替していかないといけないです。

  

初めて東南アジアやインドを旅行した時は全部が僕にとって新しいもので、街中をぶらぶらするだけの毎日がとても刺激的でした。

でもヨーロッパは今回で3回目。

良くも悪くも慣れてしまって、ものすごい建物とか治安の悪さとか変な人にも驚かなくなりました。

 

そんな僕ですがオーストリアのまったりした感じが好きだったので、一本記事を書こうと思います。

 

オーストリアザルツブルクとウィーンに行きました。

 

f:id:osty:20170318040624j:plain

 

ザルツブルクといえばモーツァルトの街。

街中にモーツァルトの生家と住居があります。

入場料が高いので外から見るだけ...

中が博物館になっていたり、下にはスーパーがあったり。

 

f:id:osty:20170318034212j:plain

f:id:osty:20170318034225j:plain

 

旧市街の広場からみたホーエンザルツブルク城

中世の城では一番保存状態がいいとか。

広場ではおっさんたちがチェスを楽しんでいます。

 

f:id:osty:20170318041514j:plain

 

ここからウィーン。

音楽の街として有名ですが、それ以上にマリアテレジアの街。

 

f:id:osty:20170318034326j:plain

 

シェーンブルン宮殿

ハプスブルク家の離れとして使われたもので、世界遺産に登録されています。

シンプルだけど洗練された美しさ。

 

f:id:osty:20170318034053j:plain

 

広大な敷地の中には動物園や温室、日本庭園などがありました。

 

f:id:osty:20170318040017j:plain

 

ウィーンのど真ん中にあるシュテファン大聖堂。

 

f:id:osty:20170318034124j:plain

 

ここも入場料が高いので外から見るだけ。

ウィーンはどこも入場料が高い!

ミュンヘンの博物館なんて日曜日は1€だったのに、どこも10€はします。

 

そしてウィーンといえばこれ!フィグルミュラーの巨大シュニッツェルです!

 

f:id:osty:20170318034009j:plain

 

でかい!!皿からはみ出ています!!

 

オーストリア名物のシュニッツェルはいわゆるカツレツのこと。

フィグルミュラーはどのガイドブックにも載っている有名店です。

本店と支店がありますが、今回は支店へ。

 

シュニッツェルとポテトサラダ、グレープジュースを注文。

 

このために朝ごはんを抜いてきましたが、見かけ以上にヘビーで味が単調。

途中から衣を食べているような感じになってきます。

 

なんとか食べ終えたけれど、もうお腹ぱんぱん。

隣の韓国人の女の子は完食できたのでしょうか。

 

ここでの会計時、ちょっと事件がありました。

クレジットカードで支払うため、ウェイターさんが持ってきた端末をピコピコします。

食事代を確認したあと、チップの分を入力。

2€で十分だろうと"2"を押したあとにPINコードを入力。

これが2€ではなくて2セントだったらしく、ウェイターさんにかなり微妙な顔をされてしまいました。

接客はよかったです。間違えたんです。店員さんごめんなさい。

でも僕はおろしポン酢のとんかつの方が好きです。

 

オーストリア、おすすめです!

 

↓↓↓↓↓↓ザルツブルク〜ウィーン間の移動はこちらがおすすめ

moimoimoi.hatenablog.com

 

【追加代金たんまり...】ヨーロッパで人気の安宿”A&Oホステル”の料金表示にご用心!

海外旅行

f:id:osty:20170316004914j:plain

 

宿で知り合ったクロアチア人のおっさんが晩御飯を作ってくれました。

 

”俺が飯をつくってやるかわりにお前は洗い物をする。いい取引だろう?”

 

I think so!

 

下ネタしか話さないのにはうんざりしましたが、晩ごはん代が浮きました。

ありがとうおっさん。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------

 

ヨーロッパのあちこちにあるA&O Hotel and Hostel 。

安価ながらWiFiや水回りの設備も十分。

清潔で安心して泊まれるので、学生や貧乏旅行者に人気のホステルです。

 

このA&Oホステルは、Booking.comで安宿を探していると、安い順に並べた時に必ずといっていいほどよく目にします。

今回の旅行でも何度かお世話になったのですが、Booking.comに掲載されている料金と実際に支払う料金が違って戸惑った経験があります。

 

A&Oホステルの料金表示にはからくりがあります。要注意!

 

 

 

 

A&O Hotel and Hostelとは

 

www.aohostels.com

 

安価なドミトリーから個室まで備えた大型のホテル&ホステルで、ドイツの主要都市を中心に、ヨーロッパの22ヶ所にあります。

日本の東横インみたいなものでしょうか。

 

宿の多くが駅前にあり、立地はかなり良好。

高速WiFi、清掃が行き届いた部屋、清潔な水回りなど、設備面では文句なしです。

 

ドイツやアムステルダムなど、宿の相場が高めのところでは最安値で20€程度。

オーストリアプラハでは10€から15€程度で泊まれます。

 

 

料金に注意

 

駅チカで安くて清潔といいことばかりのように聞こえますが、Booking.comの料金表示にはカラクリがあります。

 

まず、シーツ・リネン代が別にかかります。

他のホステルでは表示価格にリネン代が含まれていることがほとんどですが、ここでは別になっています。お値段3.5€。

 

クレジットカード決済にも2.95€の手数料がかかります。

ヨーロッパでは多くのお店や宿でクレジットカードが使えるので、現金を持ち歩かない方も多いと思います。

カード決済手数料がボッタクリ価格なので、現地決済の場合は可能なら現金で支払いましょう。

 

市税も別になっています。ザルツブルクでは1.5€かかりました。

 

まだまだ終わりません。

クロークが無いホステルがあり、チェックイン前やチェックアウト後に荷物を預けたい場合、宿泊者であっても建物内の有料のコインロッカーに荷物をあずける必要がありました

バックパックが入るLサイズは12時間で4€。

 

こんな感じで色々とお金を取られるのでBooking.comで安いやん!と思い予約してみると支払い時に「えっ、高いやん!?」となります。

 

元々の価格が安いので、リネン代と税金合わせて5€ほどを追加で支払うことになっても痛くはないのですが、どうせなら表示価格に全部含めてほしいなと思います。

損をした気分になりますし、他のホステルは追加料金も含めた料金表示ですからね。

 

チェーンということもありロケーションの良さや宿泊時の安心感はあるのですが、値段と設備を考えるともっと安くいいホステルがあります。

 

A&Oホステルをご利用される方はご注意を。

【オーストリア】ザルツブルク〜ウィーン間の移動はウエストバーン鉄道が安くて快適!

海外旅行

f:id:osty:20170315235832j:plain

 

こんにちは、猫マグロです。

今はオーストリア・ウィーンにいます。

 

特に何かがあるというわけではないのですが、オーストリアはいい国です。

治安も比較的いいし、人もいいです。

 

ザルツブルクからウィーン来る時に”Westbahn(ウエストバーン)”という鉄道を利用したので、今回はこのウエストバーン鉄道についてお話しします。

 

ザルツブルク〜ウィーン間の移動方法は大きく分けると鉄道とバスの2種類。

一番安いのはバスで、FLIXBUSのチケットを見ると19€でした。所要時間は約3時間。

 

moimoimoi.hatenablog.com

 

 

所要時間や運賃を考慮すると普段なら間違いなくバスを使う状況ですが、オーストリアの車窓からの眺めを楽しみたかったのと、バス旅にうんざりしてきたということもあり、鉄道を使うことにしました。

 

ザルツブルクについた時、先にウィーン行きの切符を買っておこうとQBB(国鉄)の自動券売機をポチポチしているとなんと53€の文字。

ハンガリーポーランドあたりなら1週間は滞在できる値段。高すぎ。

 

「これはちょっと払えないな〜、どうしようかな〜」とザルツブルク駅をウロウロしているとwestbahnの広告を見つけました。

 

ザルツブルクからウィーン西駅まで26.5€"

 

安い!国鉄の半額!

 

ということで乗ってみました!

 

ヨーロッパの鉄道事情は複雑で、オーストリアも例外ではありません。

元はQBB(国鉄)だけでしたが、自由化によって国鉄の線路を私鉄の車両が走るようになったようです。

この私鉄の一つがウエストバーン鉄道で、ウィーン、リンツザルツブルク等のオーストリアの主要都市を結んでいます。

ウエストバーン鉄道はFLiXBUSとも提携していて、プラハミュンヘンにもいけます。

 

ウィーン西駅〜ザルツブルク中央駅間は1時間に1本のペースで運行。

所要時間は約2時間半で、QBBとほぼ同じです。

 

チケットはネットで購入する他、車内やキオスクでも購入できます。

今回はネットで購入しました。

 

westbahn.at

 

webサイトで購入するとPDFのチケットがメールで送られてくるので、車内検札の時にチケットを見せればいいです。

車内検札はチケットに付いているQRコードを読み取るか、チケットナンバーを入力するようになっているので、スマホに保存したチケットの画像で大丈夫です。チケットを印刷する必要はありません。

 

ちなみに駅にウエストバーン鉄道の窓口や自動券売機はありません。

出発するホームや時間は駅のディスプレイにQBBのものと一緒に表示されます。

 

座席はバスに比べるとかなり快適です。車窓を楽しむはずが爆睡してしまいました。

他にも一等車や食堂車がありました。

 

f:id:osty:20170316000737j:plain

 

車内ではWiFiが使える他、トイレや自動販売機もあります。

 

f:id:osty:20170316000733j:plain

 

これだとQBBに53€も払うのがバカバカしくなってしまいます。

ウィーン〜ザルツブルク間を移動する際は、ぜひWestbahnを利用してみてください!

【ヨーロッパ節約旅行するなら知っておきたい】国際長距離バスなら"FLiXBUS"が圧倒的におすすめ!

海外旅行

f:id:osty:20170312042913j:plain

 

こんにちは、猫マグロです。

ミュンヘンからザルツブルクに移動してきました。

 

ミュンヘンに泊まった時は同室のアメリカ人と日本人が夜中の2時まで騒いでいてひどい思いをしました。ドミトリーだから仕方ありませんね。

 

以前ユーロラインズに関する記事を書いたのですが、今ではFLiXBUSしか利用しなくなりました。

 

moimoimoi.hatenablog.com

 

もうユーロラインズを使う理由がありません。

フリックスバス、本当におすすめです。 

 

 

 

FLiXBUS(フリックスバス)のおすすめポイント 

 

その①:安い

 

ユーロラインズよりも安いです。予約手数料もかかりません。

価格が需要と連動しているのか、早く買うほど安いです。

 

安い分質が悪いかというとそんなことはありません。

足は十分伸ばせますし、フットレストもトイレもWiFiもついています。

運転が荒い時もありますが、それはどのバス会社も一緒。運次第です。

 

その②:e-ticketを印刷しなくていい

 

これが非常に重要です。ユーロラインズではチケットの印刷が必要でしたが、フリックスバスなら印刷不要。

わざわざ営業所まで足を運ぶ必要もありません。

 

アプリ内でチケットを買うとQRコードを表示できます。

このコードを運転手に読み取ってもらうことで、e-ticketを印刷しなくてもバスに乗れるようになっています。

印刷できない環境ではとても大きなメリット。

チケットの購入方法と乗り方は後述します。

 

その③:スマホアプリでチケットの購入やバス停の確認ができる

 

インターネットに接続されている状態ならアプリ内でチケットの購入とバス停の確認ができます。

バス停の場所をアプリ内の地図で確認できるので、乗車当日になって迷うことがありません。

 

その④:車内でWiFiが使える

 

かなり低速で動画は見れませんが、車内でWiFiが使えます。

SNSやニュースサイト程度なら普通に見れます。

コンセントが付いている車両もあり、とっても便利です。 

 

 

FLiXBUSの予約方法と乗り方

 

バスターミナルの窓口やウェブサイトでも購入できますが、スマートフォンアプリでの購入が一番簡単でおすすめ。

 

まずはスマートフォンアプリをダウンロードしましょう。

 

 

FlixBus Fernbus App - mit dem Fernbus durch Europa
FlixBus Fernbus App - mit dem Fernbus durch Europa
無料
posted with アプリーチ

 

こちらがアプリのホーム画面です。

出発地、目的地、出発日、人数を入力して"search"。

片道の場合、復路出発日の入力は不要です。

 

 

f:id:osty:20170314013039j:plain

 

搭乗時間を確認して希望の便をタップ。

同じ都市にバス停が複数ある場合は乗車・降車するバス停を選べます。

バス停の場所はホーム画面の一番下の”Bus stops”で確認できます。

"DIRECT"は乗り換え不要の直行バスを意味しています。

 

f:id:osty:20170314013052j:plain

 

日時、行き先、人数に間違いがないかチェックして次へ。

 

f:id:osty:20170314013102j:plain

 

メールアドレスとクレジットカード情報を入力し、規約に承諾をして決済。

 

f:id:osty:20170314013105j:plain

 

決済後は入力したメールアドレスにe-ticketが送られてきますが、アプリを利用している場合はe-ticketを印刷する必要はありません。

バス停で運転手にアプリで表示させたQRコードを読み取ってもらうだけで乗れます。

QRコードの表示はオフライン状態でも可能です。

 

下の"My tickets"をタップ。

 

f:id:osty:20170314015003j:plain

 

QRコードを表示させたい便を選択。

 

f:id:osty:20170314015008j:plain

 

QRコードのところをタップすると画面いっぱいにQRコードが表示されるので、これを運転手に読み取ってもらいます。

これでOK

 

f:id:osty:20170314015019j:plain

 

 

FLiXBUSを利用する時に注意するポイント

 

・アプリでQRコードを表示させる場合、スマートフォンはちゃんと充電しておく。

・バスが来る15分前にはバス停についておく。

・搭乗時、QRコードの表示と同時にパスポートの提示を求められることがあるので手元に用意しておく。

・バスはよく遅れるのでスケジュールにはゆとりを持っておく。

・バス内で水や食べ物は配られないので事前に買っておく。

・予約のキャンセルと変更は1€の手数料がかかります。

 

 

バス旅はかなりしんどいですが、それを補えるだけの安さがあります!

FLiXBUSでヨーロッパ中を旅しちゃいましょう!