読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫とマグロのその日ぐらし

一番わかりやすいお金の話とその他もろもろ。

【インドネシア】ジョグジャカルタからボロブドゥールへ行く方法

f:id:osty:20161128001113j:plain

 

tiket.comジャカルタ行きの電車を予約しようとしましたが、クレジットカードのところで弾かれてしまい、結局予約できませんでした。

焦ってもどうしようもないので、明日朝一でコンビニ行って予約しようとおもいます。

 

それにしてもインドネシアルピアに慣れません。

1ルピア=0.00838円、1000ルピア=約8.5円です。

 

ざっくりした日本円での換算額を計算する時は頭の中でゼロを2個へらして計算します。

例えばトランス・ジョグジャというジョグジャカルタ市内のバスの運賃が3500ルピア。ゼロを2つ減らして35です。

大体35円くらいでこれなら計算も簡単です。モノの相場がわかります。

 

しかし、現地の人は大きな金額の場合、下3桁を言いません。

ボロブドゥールの入場料が270,000ルピア。ゼロを2つ減らして2700円です。

が、現地の人はこれを"270"と言います。でも3500ルピアは"3500"と言います。

 

すでにわけがわからなくなっています。あーーーーーーーーってなっています。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

ジョグジャカルタ市内からボロブドゥールへの行き方紹介

 

ジョグジャカルタからボロブドゥールに行くための超高級ツアーがおすすめされていたりしますが、貧乏人にはバスが安くて簡単です。

公共バスのトランス・ジョグジャのバス停に行って、係員の人に「チョンボル!!チョンボル!!」(ボロブドゥール行きのバスが出るターミナルの名前が"jombor")と言いましょう

 

f:id:osty:20161128001836j:plain

 

バス停には必ず係員さんがいるので、「チョンボルね、このバスやで」と親切に教えてくれます。

 

バスに乗ると車掌さんが居るので、これまた「チョンボル!!チョンボル!!」と車掌さんに言いましょう。

すると、「ここで乗り換えや」「このバスであってる」と親切に教えてくれます。

ちなみにトランスジョグジャの乗り換えは、同じ方向のバスだと無料です。

 

晴れてjomborに着くと、「ボロブドゥ!ボロブドゥ!」とおっちゃんが叫んでいるので、これについていきます。

 

f:id:osty:20161128001525j:plain

 

エアコン無しのボロボロのミニバスの前にボロブドゥールと書いてあるので、後は乗るだけです。

トランス・ジョグジャとは違い、乗った後に車掌さんがお金を回収しに来ます。

 

バスに乗る前に必ず運賃を聞きましょう。「ブラパ(いくら)?」で通じます。

地球の歩き方には20(20,000ルピア)と書いてありますが、今日は25と言われました。ちなみに帰りは30と言われ、「あ?25やろ?」と言うと、25になりました。

僕がボラレたのか適正価格なのかよくわかりませんが、日本円で片道40円ぐらいの差です。どうにもモヤモヤしますが、アジアではよくあることです。

 

1時間ほどでボロブドゥール近くのバス停に着きます。

終点なので途中は寝ていても大丈夫。

 

バス停を降りるとベチャ(自転車タクシー)の客引きが来ますが、歩いて5分ほどでボロブドゥールの入り口に着くので、ベチャを使うほどの距離ではありません。

バス停から入り口までの道中にスーパーがあるので水を買っておきましょう。

 

テクテクと歩いて行くと、チケット売り場が見えてきます。チケットは"international"の方に行かなければいけません。

 

f:id:osty:20161128001237j:plain

 

”行かなければいけない”という表現をしたのは、入場料がどえらい違うからです。

インドネシア人はおそらく20〜30(250円くらい?)で、外国人は270(2500円くらい)です。

僕は学生証を持っていたので半額になりましたが、それでもインドネシア人価格よりはぐっと高いです。世界遺産あるあるですね。

 

f:id:osty:20161128002103j:plain

f:id:osty:20161128002137j:plain

 

帰りも同じバス停からバスが出るので、行きと同じように「チョンボル!チョンボル!」とつぶやきましょう。

するとまた、どこからともなくおっちゃんが現れて、バスに乗せてくれます。

これも終点なので、寝ていても大丈夫です。

 

日中の灼熱地獄で発狂しそうになり、14時をすぎるとこれまたベチャベチャのスコールでびちょびちょになりましたが、これも思い出。

一生に一度は行ってもらいたいな。