読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫とマグロのその日ぐらし

一番わかりやすいお金の話とその他もろもろ。

【シンガポール】シンガポール発クアラルンプール行きの夜行バスの乗り方

海外旅行

 

f:id:osty:20161206223923j:plain

 

海外の女性は開放的ですよね。

ゲストハウスにいる時、シャワーをでた後バスタオル姿でウロウロしていたり、男女共用のドミトリーでも普通にTバックが干してあります。

外に出るとおっぱいが丸見えです。

 

こうやって色んな国に行っていると同じような光景を目の当たりにするので、今更なんとも思いませんが、”ああ、外国に居るんだな”と思います。

 

ジャカルタからシンガポール、クアラルンプールへと移動です。

シンガポールには、節約のため2日しか滞在しません。

いろんなwebサイトに見どころがないと書かれていたクアラルンプールには1日しか滞在しません。

 

実を言うと本当はもうちょっと居たかったんですが、安い飛行機のチケットがありませんでした。

今回はオールLCC+タイムセールチケットまとめ買いの旅なのでしょうがないです

時間とお金の融通が効くのは陸路ですが、今回は島国が多いので飛行機移動はやむを得ません。

ジャカルタからシンガポールまでタイガーエアで3500円でした。

 

ジャカルタはビジネス街なので、行くところといえばショッピングモールぐらいです。

ジャカルタにはルクアルクアイーレとグランフロントを全部足したような規模のモールがちょこちょこあるので、モールに行って、フードコートでご飯を食べて、コーヒーを飲みながらアンネの日記を読みます。

 

そういえば宿の階段から落ち、背中を強打しました。今でも痛いです。

そんな感じでジャカルタの三日間を終えました。完全にミスです。

 

そしてシンガポールに移動です。

それにしてもまぁシンガポールは物価が高い。

台北も相当なものでしたが、シンガポールも物価が世界一高いと言われるだけあって、何もしていないのにお金がぶっ飛んでいきます。

2日で100S$ですよ。日本円だと8000円です。宿はドミトリーの安宿で一日17S$、食事はホーカーズ(食堂)で済ませますが、それでも昼と夜で10S$ずつ。

もっと食べてるかも。食べ過ぎでなんでしょうか。

大好物のチキンライスは、タイのカオマンガイに比べるとご飯に塩っ気があって、あっさりした鶏肉とベストマッチでした。ごちそうさまです。

 

世界三大がっかりスポットのマーライオンの前で写真を撮って、ホーカーズ(街の食堂?屋台街?)巡りをして、オーチャードロードをテクテク歩きます。

こんな感じでシンガポールの2日間を終えました。これは満足です。

 

そしてシンガポールからクアラルンプール行きの夜行バスに乗ります。

バスにした理由は安くて快適だからで、夜行にしたのは宿代を浮かせるためです。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------- 

 

シンガポール発クアラルンプール行きの夜行バスの乗り方を紹介します。

 

ラベンダー駅近くにゴールデンマイルコンプレックス、ゴールデンマイルタワーというモール兼オフィスみたいな施設があります。

タイ系のお店でいっぱいのディープな場所です。

ここにバスの運行を行っている旅行会社がたくさんあるので、いろいろ回って価格や時間を比較していきます。

 

今回はstarmartという旅行会社で00:00発のチケットを30S$で購入しました。

ここではクレジットカードを使用できました。

予約票をもらって、指定された場所に11:30に再集合します。

 

2+1の席で中は広々としていて、座席も水平近くまで倒せます。かなり快適です。

車体の横には"first class massage coach"と書かれてありますが、マッサージ機能はありません。

 

定刻通りの00:00に出発し、約20分〜30分ほどでシンガポールとマレーシアの国境に着きます。

バスを一度降り、シンガポールの出国手続きをします。

ここでは手荷物検査なども無く、パスポートに出国スタンプを押してもらうだけです。

 

再びバスに乗ってしばらくすると次はマレーシアの入国手続きです。

ここでは手荷物検査があるので、トランクの中のバックパックを取って列に並びます。

 

何も聞かれず、指紋を取ってゲートを通過します。

手荷物検査は深夜だからなのか、かなりゆるゆるです。ほとんど見ていませんでした。

再びバスに乗り込み、全員が揃うと出発です。

 

という感じで5:30に叩き起こされました。爆睡だったようです。到着場所はKLセントラル駅です。