読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫とマグロのその日ぐらし

一番わかりやすいお金の話とその他もろもろ。

【カンボジア+マレーシア】KLセントラル駅からKLIA行きバスに乗る

f:id:osty:20161212215125j:plain

 

さて、クアラルンプールからシェムリアップにやってきました。

シェムリアップの空港が小さいながらもかなりきれいでびっくりしました。

 

シェムリアップの宿は空港ピックアップをしてくれるところが多く、今回も到着ロビーを出るとトゥクトゥクのおっちゃんが待ってくれていました。

ちなみにタダじゃないですよ。空港から市内の宿まで5$でした。

 

シェムリアップと言えばアンコールワット!アンコールトム!

遺跡マニアでも世界遺産オタクでもなんでもなく、元々プノンペンにあるキリングフィールドに行ってみたかったのでカンボジアにきたのですが、”一度は行っとこうかな” そんな気持ちでアンコールワットを訪れるべくシェムリアップにやってきました。

 

どうでもいいですが、シェムリアップの地名は英語だとSiem Reap(スィエム リープ)です。欧米人にシェムリアップと言っても通じません。

 

シェムリアップ市内からアンコールワットまでは約6kmの距離があり、多くの人はトゥクトゥクをチャーターして移動します。お値段一日10~15US$。

 

僕はレンタサイクルで移動です。宿で貸出をしているところもあるし、市内にも自転車を貸し出しているお店がたくさんあります。

ママチャリが一日1~3US$で、マウンテンバイク3~6US$ってところでしょうか。借りる時はデポジットが必要です。

炎天下の中で一時間ほど自転車を漕ぎ続けることになるので、流石にママチャリだとキツいと思い、ちょっとお金を出してマウンテンバイクにしました。

それでもトゥクトゥクに比べると安いです。

 

市内からアンコールワットまでマウンテンバイクで約40分。ママチャリだと1時間かかるかもしれません。

アンコールワットからアンコールトムまでは約15分。マウンテンバイクにして正解でした。

ただ、他の遺跡を見たいのであれば自転車だとキツいので、トゥクトゥクやスクーターを使ったほうがいいと思います。

 

それと、アンコールワットのチケット売り場が変更されており、昔のチケット売り場はチケットのチェックポイントになり、新しいチケット売り場はこれまた少し離れたところに新設されています。

一日券20$、三日券40$、七日券60$で、入場日自体は連続していなくても大丈夫です。(つまり、一日目に行く、二日目休む、三日目と四日目行く、ということが可能です。)

 

↓↓↓↓↓↓新しいチケット売り場

 

f:id:osty:20161212215721j:plain

 

シェムリアップは物価が高いです。

これはカンボジア全体で言えることなのか、観光地であるシェムリアップのみが高いのか分かりませんが、特に食事は他の東南アジアの国よりも少し割高に感じます。

とはいっても、安いお店を見つけられれば1.5$あれば山盛りの焼き飯が食べれて、3$あればもうお腹いっぱい食べられます。

カンボジア料理は辛くないシンプルな味付けの物が多いので、日本人の口に合います。

 

ただ、米ドル表記とは恐ろしいもので、蓋を開けてみるとやっぱり高い。

そんな僕はスーパーで8個入り0.8$のロールパンをかじって空腹を満たしています。

ご飯に関しては最終目的地であるベトナムに期待です。

 

シェムリアップでは無駄に7日も滞在しましたが、ついにプノンペンに移動です。

シェムリアップからメコンバスに揺られて6時間。カンボジアの首都、プノンペンに到着しました。

明日はカンボジアに来た一番の目的であるキリングフィールドに行ってきます。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------- 

 

KLセントラル駅のKLIA行きのバスの乗り場紹介!

 

クアラルンプールからKLIA(Kuala Lumpur International Airport)に行く方法として、鉄道、バス、タクシーの三つがあげられます。

 

75リンギットもかかるタクシーは置いといて、一番早いのが鉄道です。

KLセントラル駅から空港までノンストップで約30分。

しかし、55リンギット(約1500円)もします。

よっぽど急いでいるか、お金が余っていない限り、貧乏バックパッカーは使わないでしょう。

 

一番安いのがバスです。お値段13リンギットで所要時間は約1時間です。

僕が利用した時は渋滞もなくスムーズに動いていたので45分ほどで着きました。

車内は普通の高速バスで、エアコンもちゃんと効いています。

多くの旅行者がこれを使っていますが、問題はこれの乗り場が分かりにくいことです。

KLセントラル駅から出発なのですが、案内板がなく、ネット上の情報も少ないです。

ということで、KLセントラル駅のKLIA行きバスの乗り場紹介です。

 

KLセントラル駅1階中央部から、ショッピングモール方向を見た写真です。

写真右下のギャラクシーJ7の看板の下。ここをくぐると…

 

f:id:osty:20161212220307j:plain

 

地下に行く階段とエスカレーターが見えてきます。これを降りていくと…

 

f:id:osty:20161212220555j:plain

 

バスのりばに着きました!ちなみにKLIA行きとKLIA2行きがあるので間違えないようにしましょう。

KLIA2はLCC用ターミナルです。

 

f:id:osty:20161212220654j:plain