読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫とマグロのその日ぐらし

一番わかりやすいお金の話とその他もろもろ。

【カンボジア】プノンペンのキリングフィールドとS-21へ

f:id:osty:20161213214113j:plain

 

カンボジアに来た一番の目的であるキリングフィールド。ついに行ってきました。

 

同じホステルの人たちがトゥクトゥクをチャーターする中、僕は今回も宿で自転車を借ります。

結構遠かったですが、全然行けます。ひたすら大通り沿いを行くだけなので迷うこともありません。

地図で見ると市内から12km、時間にして50分くらいでしょうか。

安い上に、自分のペースで行動できるのが自転車の魅力ですね。

 

少し脱線しますが、バイクタクシーやトゥクトゥクを使う時は事前に価格の交渉をしますよね。

例えば”キリングフィールドまで往復で10US$ね”"OK"となったとします。

そして目的地に到着して、一通り見て回って、いざ帰ろうとなると"やっぱり15US$だ。払わないと乗せないぞ"なんてばかなことを言ってくるドライバーがたまに居ます。

払わないと戻れないので大抵みんな払うのですが、こういうのはどこの国に行ってもめんどくさいです。自転車はいいですよ。

 

皆さん御存知の通り、カンボジアではポルポトというコミュニストが国民を大虐殺した過去があり、当時の刑場として各地に残されているのがキリングフィールドです。

中でも一番大規模だったのがプノンペンにあるキリングフィールドです。

入場料は6US$でオーディオガイドがついてきます。もちろん日本語もありますよ。

それと、駐輪代として1000リエルが別途徴収されました。

 

入場してすぐ見える慰霊塔には、上から下まで亡くなった方の頭蓋骨が積み上げられています。

知らない方はぜひ調べてみて下さい。人類の歴史です。

 

ポル・ポト - Wikipedia

クメール・ルージュ - Wikipedia

キリング・フィールド - Wikipedia

 

あれだけ行きたい行きたいと言っておきながら、30分ぐらいしか滞在できませんでした。

入ってすぐはは全然大丈夫だったんですが、450体の遺体が埋められていたという場所からものすごい雰囲気で、オーディオガイドも聞くに耐えません。

空気がどうも違うのです。霊みたいなオカルトチックなものは全く信じないタイプですが、長居する場所ではないように思えました。

 

f:id:osty:20161213214505j:plain

 

場内のありとあらゆるところにあいている穴は遺体が掘り返された跡です。

killing treeとある木は子供を叩きつけて殺すために使われました。

 

f:id:osty:20161213215423j:plain

 

magic treeとある木はスピーカーを引っ掛けるために使われました。

大音量で音楽を流し、刑場内に響き渡る悲鳴をかき消すのです。

近隣住民からは何かの集会が行われていると思われていたようです。

 

f:id:osty:20161213215640j:plain

 

今でも雨が降ると埋まっていた人骨が出てくることがあるそうです…

 

次はS-21(トゥール・スレン虐殺犯罪博物館)です。

こちらは知らない人も多いのではないでしょうか。僕もカンボジアに来てから初めて存在を知りました。

ポルポト政権下、当時高校だった場所は政治犯強制収容所に変わり、一度入ると行きて出られなかったらしいです。

 

S21 (トゥール・スレン) - Wikipedia

 

こちらはセントラルマーケットから自転車で10分ほどでしょうか。

入場料はオーディオガイド付きで6US$、オーディオガイド無しで3US$、学生は学生証の提示で無料でした。

 

f:id:osty:20161213221305j:plain

 

内部の撮影は禁止されているので写真はありませんが、当時の独房や足枷、拷問に使われた道具、収容されていた方の写真などが展示されています。

 

今日は憂鬱な1日になってしまいました。イオンで銀だこでも食べてこればよかったです。

そして明日は旅の終わりの地、ベトナムホーチミンへと向かいます!