猫とマグロのその日ぐらし

一番わかりやすいお金の話とその他もろもろ。

【持ち物リストにのっていない】海外旅行に絶対持っていきたいもの9選

f:id:osty:20170131213609j:plain

 

海外旅行の持ち物って迷いますよね。僕も毎回何を持っていくか迷います。

 

ネットで「海外旅行 持ち物」と検索すると、大手旅行代理店やブロガーの方が作った持ち物リストがでてきます。持ち物リストを使うと、忘れ物の心配がないので本当に便利です。

 

でも...

 

持ち物リストにのっていないけれど、いざという時に役立つものがあります!

 

普段は機内持ち込みのバックパック一つで旅行するので、荷物はできるだけ減らすようにしている僕ですが、そんな僕が「持っていってよかった」と思うものを紹介します。

 

 

 

 

モンベルの速乾タオル

 

非常にコンパクトで吸収力・速乾性が高く、荷物を減らしたいバックパッカーにおすすめ。バスタオルもこれで代用できるので、他のタオルはいりません。

本当にあっという間に乾きます。

 

 

モンベルのレインウェア

 

東南アジアでは雨季になると毎日大雨が降るので、レインウェアは必需品です。

傘でもいいのですが、折り畳み傘を手荷物検査場で没収されたことがあるので、僕はレインウェアを持っていきます。

安物だとすぐにだめになってしまいますが、これなら蒸れにくいし何度も使えて経済的。エアコンがキツいバスに乗るときには防寒着にもなります。

 

 

 

 

ダイソーのメッシュのバッグ

 

パッキングに使用します。

洗濯屋さんやコインランドリーに持っていく時は袋ごと持っていけばいいので便利。

圧縮袋は耐久性に問題があり、洗濯ネットや旅行用メッシュバッグは値が張りますが、これなら数枚入って108円。

 

 

マスク

 

風邪をひいた時はもちろん、デリーのような大気汚染がひどい地域では必需品です。

現地では手に入らないこともあるので、バッグの奥に忍ばせておきましょう。

 

 

 

学生用のライフカード

 

学生しか利用できませんが、海外で使用した分の5%がキャッシュバックされます。

もちろん海外キャッシングもできるので、クレジットカードが使えない国でもATMで現地通貨を引き出せます。

海外旅行に頻繁に行く学生は作って損はありません。

 

 

 

SIMフリースマートフォン

 

キャリアの海外ローミングは高い!

現地でSIMカードを購入すると、wifiが無くても通信できます。列車やホテルの予約、地図の検索、UBERの利用などいろんなことができるのでおすすめ。

日本でもMVNOが普及してきているので、SIMカードを差し替えれば日本でも使えます。 

 

 

 

医薬品セット

 

薬は日本から持っていくのが安心安全。

僕はいつも下痢止め、風邪薬、鎮痛薬、胃腸薬のセットをジップロックに入れて持っていきます。

 

 

エコバッグ

 

ヨーロッパのスーパーでは袋がもらえないこともしばしば。置いてあったとしても基本的に有料です。

コンパクトなエコバッグをスーツケースやバックパックの奥底に忍ばせておきましょう。

 

 

食器

 

デリカテッセンでお惣菜やサラダを買って宿に帰ると、食器がないことがよくあります。お箸やスプーン、フォークでもなんでもいいので用意しておくと便利です。

 

 

参考にしてくださいね!

 

 

moimoimoi.hatenablog.com

moimoimoi.hatenablog.com