読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫とマグロのその日ぐらし

一番わかりやすいお金の話とその他もろもろ。

バス釣り初心者におすすめのベイトタックルはこれだ!

釣り

f:id:osty:20170224201957j:plain

 

スピニングタックルでバス釣りをはじめて、だんだんバスが居る場所が分かってきたし、それなりに数も釣ってきた。

次はもっとディープやカバーを攻めたい。もっと大きいバスを釣りたい。もっと手返し良く釣りたい。

 

そんな方はベイトタックルに挑戦してみましょう!

 

ということで、今回はバス釣り初心者向けに、おすすめのベイトタックルを紹介します。

ベイトタックルはスピニングタックルよりも注意しないといけない点が多いです。タックルを選ぶ時のポイントも解説しながら、ロッド、リール、ラインの順に紹介していきます。

 

 

ロッド編

 

ベイトロッドはスピニングロッドよりもアクションに気をつけないといけません。

例えば、ダイワのクロノス662MBの適合ルアーウエイトは5.3-18gとなっていますが、シマノのゾディアス166M-2では7-21gとなっています。

両方Mアクションですが、適合ルアーウエイトがメーカーによって違うのです。

使用するルアーの重さが合っていないとロッドが折れる原因になるので、アクション表示には注意しましょう。

 

スピニングタックル編ではLアクションのロッドをおすすめしましたが、ベイトタックルでは自分が使いたいルアーの重さや釣り方(カバー打ち、巻物など)から逆算してロッドのアクションを決めましょう。

僕はクロノスの662Mで3/8oz程度のスピナーベイトやテキサス、シャロークランクを使っています。

 

〜10000円

 

ダイワ バスX 662M

 

 

シマノ バスワン R 166M-2

 

 

 

〜15000円

 

ダイワ クロノス 662MB

 

 

シマノ ゾディアス 1610M-2

 

 

リール編

 

ベイトリールはスピニングリール以上に性能にシビアで、安物ほどバックラッシュするし、ゴリ感がでて使い物にならないということもあります。

 

ブレーキにも特徴があります。

シマノのSVSは遠心ブレーキ、シマノのDCとダイワはマグネットブレーキですが、トラブルが少ないのはマグネットブレーキです。

遠投性能がいいのは遠心ブレーキだと言われていますが、着水時にブレーキがフリーになるため、バックラッシュの確率が高まります。

そもそもそれほどの遠投を必要とする場所は琵琶湖ぐらいです。

 

ここではベイトタックル初心者が扱いやすく、それほど価格が高くないリールを紹介します。

ギア比は巻物ならローギア、撃ち物ならハイギアをおすすめします。スピニングリールとは異なり、ハンドルの位置が固定されているので購入時は注意しましょう。

 

TATULA SV

 

2017.3 発売予定です。

 

新製品です。

アルファスSVよりも剛性感があり、比較的重めのルアーに適していると思います。

初心者でも手が出しやすい価格です。琵琶湖に行くとみんなTATULAを使っています。

 

 

アルファスSV

 

 

僕が使っているリールです。コンパクトで軽く、非常にトラブルが少ないのが特徴。

ブレーキ設定を間違えなければサミングは不要。飛距離も十分です。

タトゥーラに比べると軽めにルアーに強いと思います。

 

スコーピオンDC

 

 

新製品です。ちょっと高いですが、シマノ派はこれかメタニウムDCでしょう。 

 

 

それではよいフィッシングライフを!

 

moimoimoi.hatenablog.com

moimoimoi.hatenablog.com

moimoimoi.hatenablog.com 

moimoimoi.hatenablog.com