読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫とマグロのその日ぐらし

一番わかりやすいお金の話とその他もろもろ。

【ふるさと納税初心者必見!】一番簡単なワンストップ特例申請書の書き方

 

今回はふるさと納税シリーズ番外編として、寄付金税額控除に係る申告特例申請書(いわゆるワンストップ特例申請書)の書き方をご紹介します。

 

 

↓↓↓↓↓ふるさと納税入門編はこちら 

moimoimoi.hatenablog.com

 

 

↓↓↓↓↓ふるさと納税実践編はこちら 

moimoimoi.hatenablog.com

 

 

ワンストップ特例とは

 

ふるさと納税によって所得税と住民税の控除を受けるためには確定申告が必要です。

 

ただし例外として、

①控除を受けようとする人が確定申告不要の給与所得者

②寄付する自治体の数が5以下

の両方の条件を満たしている場合、確定申告が不要になる特例があります。これがワンストップ特例です。

特例申請書と身分証明のための添付書類を寄付先の自治体に郵送することで、この特例を利用できます。

 

 

ワンストップ特例申請書の書き方

 

特に難しいことはありません。書き方が簡単に分かるものをつくったので参考にして下さい。

記入の際に注意すべき部分は赤色、何も書かないところは青色で注をつけています。

”平成 年寄付分”とあるところも忘れずに記入しましょう。

 

f:id:osty:20170208172113j:plain

 

 

注意すべき点

 

・申請書にチェックボックスが2つありますが、両方にチェックが入らないと特例を利用できません。自分が特例を利用できるのか確認しましょう。

・申請書は寄付した自治体に送らなければいけません。例えば3つの自治体に寄付を行った場合、3つの自治体すべてに申請書を送る必要があります。

ワンストップ特例を利用するには、身分証明のための添付書類を同封する必要があります。この添付書類に関する情報が各ポータルサイトに載っているので、必ず確認しましょう。

 

www.furusato-tax.jp

 

 

いかがでしょうか。いざ、ふるさと納税デビュー!