猫とマグロのその日ぐらし

一番わかりやすいお金の話とその他もろもろ。

【〇〇は手荷物の重量チェック率100%!】貧乏バックパッカー猫マグロのLCCレビュー

f:id:osty:20170502125827j:plain

 

こんにちは、猫マグロです。

 

今回は貧乏バックパッカーの猫マグロが、乗ったことがあるLCCをレビューします。

手荷物の重量検査の有無なんかも教えちゃいます。

 

(2017年4月現在の情報です。規約が変更されることがあるので、必ず予約前にチェックしてください。)

 

 

 

 

LCCとは

 

LCCとはLow Cost Carrierの略で、いわゆる格安航空会社のことです。

ANAJAL等のレガシーキャリアと比較すると、以下のような違いがあります。

 

・受託手荷物が有料

機内食が有料

・座席間が狭くて窮屈

・座席指定不可

・キャンセル時の返金不可

・予約変更不可

・乗り遅れた時の振替不可

・料金設定が片道ベース

・航空会社に非がある理由で欠航になった場合のホテルの手配なし

・クレジットカード支払手数料あり

 

各社異なる部分はあるのですが、だいたいこんな感じで「ない」「不可」だらけ。

これだけ見るとLCCにものすごくデメリットがあるように見えますが、うまく使えばお得に旅ができるスグレモノです。

 

 

LCCに安く乗るコツ

 

元々安いイメージのLCCですが、セールにかかっていないフライトで荷物を預けると、レガシーキャリアと変わらない値段になり、キャンセル時の返金や乗り遅れた時の振替便の手配のことを考えるとむしろ割高になってしまいます。

LCCにちゃんと安く乗るコツを少しだけ紹介します。

 

セールを狙う

 

各社頻繁にセールを行っているので、タイミングを合わせて予約します。

セール情報はホームページでも確認できますが、facebooktwitterで各社のアカウントをフォローしておくと、セールやキャンペーンの情報がタイムリーに流れてきます。

 

荷物は機内持ち込みだけにする

 

LCCでは10kgの荷物を預けるだけで4000円追加なんてことが普通にあります。

荷物をできるだけ減らし、機内持ち込みできる重量と大きさにするのが鉄則です。

 

オプションを付けない

 

座席指定、予約変更、機内食の予約、優先搭乗などのオプションを各社提供していますが、同じサービスを受けられるレガシーキャリアの早割より高くなってしまうこともあります。

オプションを付けずに予約しましょう。

 

 

LCC各社のレビュー

 

ピーチアビエーション(Peach

 

関西圏の人にはおなじみのピーチはANAの子会社になりました。

ピーチ本拠地の関空は手荷物検査が厳しく、手荷物検査場の入り口にピーチのスタッフがいて、重そうな荷物(キャリーバッグ等)を持っている人はその場で重さをはかられます。

現状では関空の第二ターミナルがピーチ専用になっているので、手荷物検査場もピーチ専用になっているという背景があります。

 

新千歳、仙台、上海発は手荷物チェックがなかったです。

 

座席は狭く、足は伸ばせません。

 

www.flypeach.com

 

 

ジェットスター

 

関空では100%手荷物チェックされます。かなり厳しい印象。

チェックイン時、全ての荷物をカウンターの重量計に乗せるように言われます。

重量超過に対しても他のLCCより厳しく、いつ行っても荷物のことで揉めてる人がいます。 

7.1kgでやばいと思ったこともありましたが通してくれました。

日本人スタッフは特にシビアな印象です。

搭乗口でも重そうな荷物の人は重さと大きさをはかられるという噂があります。

座席は快適で、足も伸ばせます。

 

www.jetstar.com

 

 

エアアジアエアアジアX

 

関空台北、クアラルンプールでも手荷物のチェックはなく、比較的ゆるい印象。

マレーシア発着のCAさんがどえらいエロい。乗ったことある人なら分かるはず。

 

座席は普通で、足は伸ばせます。

LCCの賞を何度も貰っている一方で、悪い評判を聞くこともありますが、良くも悪くも普通のLCCです。

 

www.airasia.com

 

 

スクート

 

シンガポール航空の子会社です。

手荷物検査はなく、機内持ち込みの手荷物は10kgまで可能。

他のLCCは7kgまでなのに対してこれは強いです。

 

座席は快適で、足も伸ばせる。

特に不満もなく、いい意味で印象が薄かったLCCです。

 

※2017年7月25日、スクートとタイガーエアが合併し、スクートブランドに統一されます。

 

http://www.flyscoot.com

 

 

タイガーエア

 

いい印象も悪い印象もない普通のLCCです。

機内持ち込みの手荷物は10kgまで。

ジャカルタシンガポール便では手荷物検査はなかったです。

関空はあるかも。

 

※2017年7月25日、スクートとタイガーエアが合併し、スクートブランドに統一されます。

 

www.tigerairtw.com

 

随時更新していきますのでお楽しみに!