読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫とマグロのその日ぐらし

一番わかりやすいお金の話とその他もろもろ。

【閲覧注意】アムステルダムのSEX博物館に童貞一人でいってきた

海外旅行

f:id:osty:20170304223552j:plain

 

学生最後の海外旅行ということで現在アムステルダムにいます。

それにしても卒業旅行が一人旅になるとは思っていませんでした。

友達がいないわけではありませんよ。友達とはこの前仙台に行きました。

 

アムステルダムに来たのは国立博物館にあるレンブラントの夜警を見に行くためであって、決してSEX博物館のためにきたのではありません。

 

国立博物館もよかったのですが、SEX博物館のことについて書いたほうが面白いと思ってもらえそうなのでレポを少し。

 

場所はここ。アムステルダム中央駅から歩いてすぐの好立地で、"sex museum"の看板があるのですぐに分かります。。

 

 

入場料は4ユーロです。昼過ぎにいくと行列ができていました。

中は混み合っているので、ゆっくり見たい方は午前中に行くのがおすすめです。

 

ここから少し閲覧注意。画像にはモザイクをいれています。

興味のある方はぜひアムステルダムへ。

 

入場してすぐの場所にはたくさんのお人形さんたちが出迎えてくれます。

建物は3階建てで、1階はお人形さんが多いです。

 

f:id:osty:20170304224758j:plain

 

 

こちらは椅子です。

女性たちが写真をとるために列を作っていますが、なんでそんなに嬉しいんでしょうか?ねぇ?

 

f:id:osty:20170304224232j:plain

 

 

これは何でしょうか?意味不明です。

これに限った話ではなく、この博物館においているもの全部が意味不明です。

 

f:id:osty:20170304224806j:plain

 

 

日本にもこんなお祭りあったような。

 

f:id:osty:20170304224811j:plain

 

 

おいしそうなケーキですね。変な意味ではありませんよ。

 

f:id:osty:20170304224815j:plain

 

男性と女性が交わっている無修正の写真など僕には刺激が強すぎる展示もたくさんありました。

 

一人で来てるのは僕だけで、みんな仲間や恋人と楽しそうに見て回っていました。

ここでは性をいやらしいものではなく、オープンなもの、楽しいものとして捉えてるので、控えめな日本人でもネタとして見ることができれば楽しめると思います。

 

客はヨーロッパ系の人だけではなく、アジア系の人やアラブ系の人もたくさんいて、人間ってバカだなぁと思わせつつもエロに国境が無いことを示してくれた素晴らしい博物館でした。

 

ぜひ行ってみて下さい!