猫とマグロのその日ぐらし

一番わかりやすいお金の話とその他もろもろ。

【怠け者のための】サビキ釣りが快適になる便利グッズ5選

 

みなさんこんにちは、猫マグロです。

 

今回は無事サビキ釣りで釣りデビューを果たし、もっと快適にサビキ釣りを楽しみたいという方向けに便利グッズを紹介します。

 

moimoimoi.hatenablog.com

 

 

 

 

 

吸い込みバケツ

 

 

最速の手返しを実現した至高の逸品。

これを作った人は天才ではないでしょうか。

 

使い方は簡単。

このバケツの中にアミエビと海水を入れます。

そしてアミカゴをバケツの中で上下にちょんちょん動かすと、あら不思議、アミカゴにアミエビがたっぷり入っています。

そのまま海に仕掛けを投入。

 

という感じで、手を汚さずに、手返し良くアミエビを入れられるスグレモノ。

下カゴ式しか対応していませんのでご注意を。

 

サビキ釣りをちゃんとやるならぜひ購入したい一品。

 

 

アミエビスコップ

 

 

海釣り公園の売店なんかだと、カッチカチに凍ったアミエビレンガしか置いていないなんてことがよくあります。

カッチカチなので、数分に解凍できるものではありません。

そんな時にはアミエビスコップが大活躍。

 

こいつでアミエビレンガをガンガン砕いていきます。

いい感じに砕けてきたら、アミエビスコップのレバーをぐいっと押すと、そのまま手を汚さずにアミカゴにアミエビを挿入。

お子さんが釣りをしている影で、お父さんはひたすらアミエビを削っているなんてのもよくある光景。

 

 

ロッドホルダー

 

 

釣り場で竿の置き場に困ったこと、ありませんか?

地面に置くと竿やリールが痛むし、踏みつけて折れてしまうこともあります。

 

竿受けが付いているクーラーボックスもありますが、高い手すりがある海釣り公園では使えません。

手すりにそのまま竿を置くとバランスが悪く、竿が倒れて隣の人に迷惑をかけてしまうこともあります。

 

そんな時に役に立つのがこちらのロッドホルダー。

海釣り公園でよくあるパイプ状の柵に付けられるタイプもあります。

 

 

フィッシュグリップ

 

 

釣り上げたアジがピチピチしてうまく掴めない。

なかなか針がとれずにグダグダしていると、アジの群れが去ってしまった...

 

そんなことにならないように、フィッシュグリップで優しく掴んで針を外してあげましょう。

 

これは魚を傷つけず、確実に魚を掴めるように工夫がされています。

お子さんでも安心。

毒魚が釣れた時にも大活躍。

 

 

リセッシュ

 

 

ここでまさかのリセッシュ登場。

一度サビキ釣りに行っていただければ分かりますが、アミエビの匂いは強烈です。

釣りに行った帰りに家族でファミリーレストランへ。

注文を聞きに来た店員さんがムッとしています。

この家族全員くさい...

なんてことにならないために、リセッシュはあると便利。

 

 

ここまで揃えたあなたはもうサビキマスターです。

爆釣間違い無し!

 

慣れてきたら飛ばしサビキや投げ釣り、ウキ釣りにも挑戦してみましょう。

 

 

moimoimoi.hatenablog.com

moimoimoi.hatenablog.com

 

広告を非表示にする